TOP

仕事が終わると特急のように風俗へ向かう私の体験談をお話します…

髪の毛が綺麗だったんですよ

髪の毛がとっても綺麗な風俗嬢のEちゃんとのプレイは、自分自身とある予感があったんです。それは、これだけ綺麗な髪の毛をしているんです。きっとアンダーヘアにも気を使っているんじゃないかなと。その予感はずばり的中しました。彼女のアンダーヘアはしっかりと整えられていたんです。パイパンではないものの、ナチュラル感が出ていてかなりそそられました。パイパン風俗嬢も嫌いではないんですけど、やっぱりある程度毛があった方がリアルでいいなと思いましたね。実際アンダーヘアも整えられているので清潔感があったんですけど、それがこちらをそそりました。このアンダーヘアをなんとかしたい。そんなことを思うようになったんですよ。それで最後は彼女のお口でも手でもなく、アンダーヘアに発射してきました。アダルトビデオなんかだと割とよくあるものかもしれませんが、実際に自分でしてみるとその興奮は計り知れないもので、あれは癖になりそうですよ。

自信があったんですよ

その日は正直言って自信がありました。なぜなら自分自身のコンディションがかなり良いなって思っていたんですよ。ここまで良いならきっと女の子も満足させられる。そんな思いから風俗に行ってきたんですけど、やはり自分の予感は的中しました。手マンの際も全然疲れないんですよ。だから風俗嬢の子も相当感じてくれていました。潮吹きまでしちゃっていましたけど、その日に関して言えばそれだけの自信があったのでしてやったりと言った言葉の方が良いですね。風俗では女の子に攻められるよりもガンガン攻めたい派なんです。ただ、攻めるのもそれなりに体力が必要じゃないですか。だから風俗を利用するかどうかはその日の体力次第で決めているんですけど、絶好調だって思ったので足を運んだら案の定最高でした。ガンガンに攻めて興奮させてもらった後に自分も発射。彼女のトロンとした表情が最高だった中でのフェラにはこちらとしても大満足だったんじゃないかなと。